バンコクは海外からの投資を積極的に受け入れていて、特に高級マンションへの不動産投資が人気です。
これはタイはの政策が大きく影響しています。
タイは政府は外国の年金生活者やアーリーリタイアを行った人を積極的に受け入れる姿勢をとっていて、利便性の高いバンコクに人が集中する結果になっています。
プールとジムがついた高級マンションが驚きの価格で購入できるケースも存在し、日本でも度々テレビなどのメディアにとり上げられているのです。
投資をしたい、老後を快適に暮らしたいという人から熱い視線を集めています。

バンコクはアジアの成長市場の一つ

バンコクの高級マンション
タイはアジア圏の中でも成長が見込まれる国で、中でもその首都バンコクは急激に成長している街になっています。
海外からの投資を積極的に受け入れる姿勢を明確にしていることから、中心部には高級なマンションやビルが立ち並び、外人の姿も目立ちます。
タイは移住のハードルが低いのも特徴で、年金生活者向けのビザが存在するほどです。
投資が集中する理由の一つが、物価の安さです。
経済的に成長している途中のタイはまだ物価も人件費も安く、購入な物件も先進国で購入するよりかなり安く購入できます。
メイドを雇うのも簡単で、海外言語に対応したメイドを雇えば身の回りの世話も焼いてくれます。
週1日など決まった日だけメイドを雇って家事を任せる人も珍しくありません。
安く、快適で、悠々自適な生活を求めて日本を含む海外の年金世代がバンコクに移住することは珍しくないのです。
人が集まることで更に投資が増え、不動産の価値が高まっていくのがバンコクの特徴になっています。

バンコクでは高級コンドミニアムが人気

バンコクの高級マンション
バンコクで特に人気が高いのがコンドミニアムです。
コンドミニアムは日本の分譲マンションになります。
一室一室オーナーが異なり、部屋単位で購入することや家賃を払って生活することが可能です。
高級コンドミニアムは24時間体制の警備やプール、ジムなどがついていることが珍しくなく、海外で安全な生活をしたい人に人気です。
予算を落せばアパートなども存在しますが、セキュリティや利便性を考えるとコンドミニアムの方が良いと考える人がいるのは自然なことです。
タイは日本と異なり、不動産は貸し手が優位になるような法律が多いことも特徴になります。
そのため、後で不満が出るリスクを背負うよりも、高級コンドミニアムに住みたいという需要が増えます。
トラブルがあった際はコンシェルジュに対応を依頼した方が楽だからです。
住み心地の良さや立地の良さで評価を受ける高級コンドミニアムも多く、しかも選択肢が豊富なのが魅力になっています。

バンコクに物件が集中するのにも理由がある

バンコクの高級マンション
バンコクに高級マンションが集中するのにも理由があります。
例えばタイは各地に観光地や商業都市があり、他の地域の高級マンションがないわけではありません。
しかし、交通の便や治安などを考えると、どうしてもバンコクが便利となってしまうのです。
国の中心部であり、地下鉄網を利用できるため非常に利便性が高く、買い物などで不便な思いをすることはありません。
外国人が多いことから複数の外国人街や、海外の食品などを中心に扱う市場もあります。
住むにしても、投資をするにしても、便利なことがわからなければお金を使う意欲は減ってしまいます。
地価の上昇なども考えるとバンコクが良いと考える人が多いことも、バンコクの高級マンションが増える理由になっています。

アジアの不動産に注目するならバンコクは外せない

タイに滞在するなら首都から近いシラチャのコンドミニアムステイは注目度が高い!
アジアの不動産事情に注目するなら、バンコクを無視することは出来ません。
海外からの投資と人を呼び込むことに成功した国であり、高級マンションが乱立するなど勢いがある国でもあるからです。
老後に住める国の候補に入るケースもあるため、投資以外の不動産事情もチェックしたい人には特におすすめです。